FC2ブログ
01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
顔射
またまたくーみんです

今日はとも君が私の家に来るっていきなりメールをしてきました。

突然だったけどあれからエッチをしてなかったのでちょっとおまんこがうずうずしていた私はいいよってメールを返しました。

30分くらいしてとも君が来ました。

取り合えずソファーに座ってもらってコーヒーを入れてあげました


「くーみん、この間俺があげたバイブ使ってくれた?」

「どうだろうね。秘密!」

と言うとちょっと怒った顔をして

「ちょっとあげたバイブ見せてよ!!」

と言いました。しばらく拒否ってたんですがとも君がしつこいから見せる事にしました。

「なんだ。開けたんだ。って事は使ったんでしょ?」

とも君がしつこいからしょうがなくうなずきました。

「やっぱりくーみんはエッチなんだね。じゃぁ・・」

そう言うととも君隣にいた私にキスをしてきてボタンを外してブラまでとっちゃったんです。

それで乳首を舌でコロコロされた時には

「あぁっ・・・ダメ・・」

なんてエッチな声が出てしまいました。

とも君の手がスカートの中に入ってくるとパンティの上から割れ目をなぞられました。おまんこは熱くなっていました。

「あれ?まだ直接触ってないのにもうしみてるよ」

とか言葉攻めしてくるから余計に興奮しちゃって・・・

とも君がパンティを下ろしてやっと直接触ってくれました。

「うわぁ、もうこんなに濡れてるよ。すっごいね」

「・・あっ・・やだ・・恥ずかしいよ・・」

おまんこヌルヌルを指で触ってからクリトリスを上下になぞられました。

「・・ぁあっ・・そこ気持ちいい・・」

「じゃぁもっと気持ちよくしてあげるね」

そう言うととも君はバイブを取り出してクリバイブのスイッチを入れました。そして私のクリトリスに当てました。

「・・ああっっ・・っダメ・・そんなにされたらイっちゃう・・・」

いきなり強で当ててきたのですぐにイってしまいました。

私がイクのを見るとともはバイブおまんこに入れてきました。
そしてスイッチを入れると

ウィ~ン・・

20070228110502.jpg


ってエッチな音が聞こえてきました。おまんこの中でバイブがいやらしく動いておまんこをかき回していました。

「・・とも君・・おちんちんが欲しいよ・・おちんちん入れて・・」

「まだダメ」

とも君はまだやめてくれませんでした。スイッチを止めたかと思うと今度は激しくバイブを出し入れし始めました。

「・・あぁっ・・・気持ちいい・・」

そしてまたクリバイブのスイッチを入れるとバイブおまんこの奥に来るたびにクリトリスに当たってすっごく気持ちよくておかしくなりそうでした。

「・・ああぁっ・・とも君・・もうダメ・・入れて・・」

やっとバイブおまんこから抜いてくれました。そしてとも君の勃起したおちんちんが入ってきました。

「あぁ・・とも君のおちんちん・・おっきい・・かたいよ・・・」

バイブとはやっぱり全然違う感覚で全部入っただけでいっぱい感じてしまいました。

とも君が腰を激しく振ってきました。さっきまでバイブで攻められてた私のおまんこはもうイってしまいそうでした。

「とも君・・あぁっっ・・もう・・イク・・ダメ・・イっちゃう・・」

私のおまんこヒクヒクしていました。イったおまんこをとも君は更に激しく突いてきました。

「あぁっ・・とも君だ・・め・・ちょと・・休憩・・させて・・」

私の事なんか全く聞いてくれなくてとも君すっごい激しくて結局またイっちゃいました。そしたら

「ああ、くーみんのおまんこしまってきたよ。あぁ、ダメだ。俺もイク。出すよ」

そう言うと顔におちんちんを持ってきて顔にかけられました。
私は顔射されたの初めてでした。
顔射なんて絶対されたくないって思ってたけどされてみると結構いいかも。

もしかしてちょっとだけM気があるのかなぁ



今日は何位かな⇒FC2ランキング



いいおもちゃがあったら教えてください。
メールアイコン
メール待ってます
く-みんトラックバック(0) | top↑
新しいバイブ
今日はともくんに呼び出されたんだけど会いに行ったら茶色の紙袋を渡されてとも君は帰ってしまいました

・・・?

何だったのか結局わからないままおうちに帰りました。

正直エッチができると思って行ったのもあるのでその気になったままおうちに帰された気分で変な感じでした。

家に着いてからその紙袋を開けてみると中にはピンク色のバイブ手紙が入っていました。

手紙には

『くーみんへ。
くーみんが俺に対して恋愛感情がないのはもうわかってるけどやっぱり他の人とエッチされたくない気持ちはある・・・
くーみんはエッチだしだからもしエッチしたくなった時はコレを使ってね。』


そんな手紙でした。本当にとも君の行動は訳がわかりません。
でもエッチする気になっていたこの感情を落ち着かせるのには丁度いいと思ってしまいました。

私はバイブのスイッチを入れてみました。

新しいせいかすっごい勢いでいやらしく動くんです。クリバイブの方もすっごい音がします。

それを見てたらおまんこがだんだん熱くなってきました。

乳首にクリバイブを当ててみると乳首が硬く立ってしまいました。

徐々に振動を下の方へと下げていくと太ももの辺りでおかしくなるくらい感じてしまいました。はやくクリトリスに当てたくてパンティの上から当ててみると振動で感じまくってしまいました。

もう直接当てたい・・・

パンティを脱いで見るとおまんこはものすごく濡れていました。パンティにもグッチョリとしみていました。

バイブの先っぽをおまんこにちょっと入れてみました。

1.jpg


ほんの少ししか入ってないのに全身がふわっとする様な感覚に襲われました。

もっと奥まで入れたくてゆっくりとバイブを入れました。

「あぁっ・・入ってきた・・ん・・・」

おまんこの奥まで入ると思わず声が出てしまいました。

さらに出し入れしていると気持ちよくてたくさん頭の中で妄想し始めてしまいました。

クリバイブのスイッチをまた入れてみると今度はさっきとは全然違う感覚でバイブを奥まで入れるとおまんこの奥まで入るしクリバイブもあたってその瞬間が言い表しようのない程気持ちいいんです。

「あぁっ・・・すっごい・・気持ちいい・・ダメ・・イっちゃう・・」

自分でしてるのにこんなに声を出してしまうなんて本当に恥ずかしいです・・・
結局クリトリスで2回イって中でもイってしまったのでやめました。

このバイブのプレゼントはとても嬉しかったのですがとも君がちょっとだけ怖いですね。

多分くーみんは他の人とエッチしない訳もないし・・・



こんな経験した事ありますか??
私はどうするのが一番なんでしょうか…

メールアイコン
メール下さい。


応援お願いします⇒FC2ランキング
く-みんトラックバック(0) | top↑
今日もA子と
昨日は彼氏と会えなかったのでA子を家に誘っちゃいました。
(3人でやるって言ったのに・・・2人でしちゃうなぁ。A子と会ったらやっぱりエッチしちゃうんだろうな・・)なんて思って待ってたら

「誘ってくれて嬉しいよ♪」て、言っきてA子はベッドの上でこっちを見て座りました。

そしてキスをしてきました。

A子はキスをしながらも首元、肩、胸をなでてきました。

負けじと私もA子のおっぱいの先っちょをつまむと口から吐息がもれます。
「ううっ・・ああっ・・・」
お互いのおまんこが見えるように向き合って・・・
私のはすでに湧き出すうるおいで濡れちゃってました。
「エミリーのおまんこビチョビチョに濡れてるね」
そう言いながらA子のおまんこも見たらグチョグチョに濡れてちゃってました。

そっとつままれたら体が自然に波打っちゃったみたいに反応しちゃいました。

私も手のひらをかえして、中指をのばしておまんこの奥をさぐります。
チュプッという感触とともにヒダの間にすいこまれました。
「ああっ、ああっ、あうんっ、あああああっ!!!」
A子と私のあえぎ声が混じって部屋中に響き渡りました。

今度は、両側のヒダで包んでコリコリと転がされました。
何度目だったか、中指を奥へ差し込まれたら入口のところもヒクヒク波打っちゃってるのが自分でも分かりました。

「いれて、もっと指・・いれてぇぇ・・」
そう言うとA子はゆっくりと出し入れしながら、次第に奥深くまで指をしずて、そのままてのひらで押しつぶすようにして回転させてきました。

「ああぁっ、あーーっ!!!!」

中に入っている指がすこし曲がってやわらかい内壁を探ってきました。

「エミリー気持ちいい??これからもっと気持ちよくさせてあげるよ」

そう言うと、A子はバックに入れてあったバイブを持ってきておまんこに入れてきました。

少し入れて抜き、またもう少し奥まで入れてきます。

また抜いて、もう少し。三回か四回にわけて徐々に奥まで・・


だんだん早く動かしてきて・・・
「ああああっ、あああああああああっ・・・んんっ!」
イっちゃいましたh1

その後A子にも挿してあげていっぱいイかせてあげましたh1

メールアイコン
この微妙な3人の関係にいいアドバイスをください。

応援してください!!⇒Fc2ランキング
エミリートラックバック(0) | top↑
エロサイト見て
なんだかとも君とのエッチが頭の中にずっと離れなくて・・


今日は何もなく暇なのでエロサイトをたっぷりみちゃいました。

エロサイト見てるとイジる事しなくても、見てるだけでおまんこは熱くしっとりと濡れてきちゃう。

そうやって、おまんこをじらすの。

そして、お気に入りの動画サイトを見ながら絶頂に達したいと思って、たくさんのエロ動画を見ちゃいました。
20070222102655.jpg


それで、パンティの中に手をすべりこませて
中指を立ててクリをスリスリスリ・・・

もうとっくにおまんこはヌレヌレ状態。

というよりは、ヌルヌルしちゃってます。


目は画面のエロ動画に釘付けのまま、指先だけはパンティの中で必死にクリを慰めてます。

もうとろけそうに気持ちよくて・・・
ヌルヌルコリコリ・・・スリスリスリ・・・
たまんないよぉ・・・このクリがこんなに全身を感じさせてくれるなんて・・・

おまんこが、ダラダラとよだれを垂らしても

目はお気に入りの動画を見つめたまま・・・シコシコシコスリスリスリ・・・

そして、早くも絶頂が・・・

「あぁん・・・イク・・・イク・・・アッ・・アッ・・・ん・・ん・・・ん・・
ピクピクしちゃ・・・う・・・」

[続き]

メールアイコン
こんなエッチなくーみんにメールください。


応援してね♪⇒Fc2ランキング
く-みんトラックバック(0) | top↑
エッチな気分
この間した久しぶりの彼とのエッチが忘れられなくて彼に連絡してしまいました。

そして彼の部屋に入っていきなり私は彼のズボンを脱がすとおちんちんにしゃぶりつきました。

「何かねすっごくエッチな気分なの」

そういいながらジュポジュポエッチな音を響かせながらしばらくしゃぶっていました。

エッチな気分はオナニーさんじゃないの?」

きっとA子の事を言っているんです。

「意地悪~。おちんちんで突いて欲しいからこうしてきてるんじゃんA子にはおちんちん付いてないでしょ!」

もっと激しくしゃぶっていると彼のおちんちんが脈を打っているのがわかりました。

「エミリー・・そんなにしたら出ちゃうよ・・」

20070221125354.jpg


彼は私の口からおちんちんを抜いてベッドに押し倒しました。

「エッチなエミリーにはお仕置きだよ。」

っと言って私の服を脱がすと全身舐め回されました。
おまんこも舐め始めるとおまんこがどんどん熱くなっていくのがわかりました。

「あぁっ・・気持ちいいよ・・」

「もっと気持ちよくなっていいんだよ」

今日はすごくエッチがしたい日だったのですぐにおねだりしてしまいました。

「もう入れて・・あぁっ・・おちんちん欲しいの・・」

そう言うと彼は入れてくれました。

ギンギンになったおちんちんおまんこに入ってきました。
私のおまんこエッチなお汁グチョグチョだったのですんなりと入りました。

奥まで入ると気持ち良くて声が大きくなってしまいました。

「もっと・・・いっぱい・・おまんこ突いて・・・」

彼の腰の動きも大分早くておまんこヒクヒクしていました。

「・・おまんこ突かれてイっちゃいそうだよ・・あぁっ・・もうイクよ・・」

私はすぐにイってしまいました。
そして彼はイったおまんこを更に力強くピストンしてきたのでおかしくなりそうでした。

「ああ、もうダメだ・・イクよ・」

彼もイってしまったみたいです。

今日のエッチも気持ちよかったなぁ・・
そろそろA子の事相手してあげないとかわいそうだよなぁ・・
今度また3人ですればいいのかぁ!

色々考えてしまいました。

メールアイコン
この微妙な関係にいいアドバイスをください。

応援してください!!⇒Fc2ランキング
エミリートラックバック(0) | top↑
とも君に誘われて
とも君に好きって感情はないんだけど
やっぱり性欲には勝てなくて

とも君に遊びに誘われて・・・
迷ったんですが行っちゃいました。

とも君が私のこと好きなの分かってるのに・・

ヒドイことしてるよなぁ・・

昨日とも君にメールで
「くーみんの気持ちが少しでも俺に向くように頑張るから。せめて避けないでくれ!いままで通り会ってほしいんだ。」
ってきたけど、いいのかな??

その言葉に甘えて今日も会っちゃったけど。


そんな彼とショッピングで街をブラブラしてたら
いつのまにかホテル街の方へ・・・

「行こうよ、俺はくーみんとしたいんだ!!」
そのままホテルの中へ
20070220135331.jpg

前より前戯が長くて、すっごく感じちゃった

はじめは普通にキス

そしてだんだん頬、あご、首、肩、耳にキスしてきて
耳をじらしつつ念入りに舐め回してくる・・

だんだん体が熱くなってきて息も荒くなってきちゃった。

「んっ・・ああっ・・・」って声が出て腰が浮き始めてきて

次はおっぱいを攻撃。

耳を左右交互にナメながらを服の上からおっぱいを揉んできて

「ふっ・・はっ・・・ああぁん!!!」今度は乳首を避けて大きく揉む。
「んんっ・・」
絶えられなくて乳首を触ってほしくて体を揺らしちゃった。

乳首がビンビンに立ったところで舌でさらに外側から内側にかけてなめてくるの。
「あんっ、あはっ・・ん・・・」
乳首に左右交互に吸ってきて

乳首を攻撃しつつ右手は股にきて
パンティの上からおまんこをさすってきて
「あんっ・・・ん・・」

パンティ脱がされて指を入れてビラビラをマッサージ
「ふあっ・・あっ・・・」

パンティーを脱がせて、クリトリスを小刻みにしばらくずっと触ってきて

思わず「奥に入れてぇ・・」
返事もしないでいきなり奥に中指を入れきてかき回され

「ひゃっ!あっ!あんんっ・・あぁぁ・・・」
そして正常位で挿入されて・・ちょっと動くだけで
「はあんっ・・あっ・・・あんっ・・あうぅ・・・」
動きに合わせて声が止まらなくなってきて

股ひざをM字型にされて突かれたら
「いっ、イキそう・・」
「あっ、あっ・・あぁ・・・」

そのまま2人で果てました。
少しイチャイチャしてから彼はバイトに向かいました。

でもこれでいいのかな??

こんなくーみんに何かいいアドバイスください!!
メールアイコン
メールください。


応援してね♪⇒Fc2ランキング
く-みんトラックバック(0) | top↑
いつもと違う彼
今日は久しぶりに彼と会いました

というよりもしばらく連絡すらしなかった私にちょっと怒って呼び出された感じです・・・

そして彼の部屋に着くとやっぱり怒った様子であまり目も合わさずに無言でしばらく時間が過ぎました。

「ねぇ。何か怒ってるの?エミリーが連絡しなかったから怒ってんの?」

「・・・」

「何か言ってよ!会話にならないじゃん」

「いや、ちょっと言いにくくて・・・今まで不安だったけど言えなかった。もしかしてお前A子との関係は俺がいない時もあるんじゃないかって。だから連絡取り合わなくても平気なのかなって。でも一応女同士だし・・もしそれが違ったらって思うとやっぱり言えなかった・・・」

「・・・」

私は何も言えませんでした。確かにA子とはエッチな事してるしでも私が好きなのは異性であり彼なのです。でも身体の欲求をA子で満たしていた事は事実です。きっとだから彼と会わなくても平気でいたんだとも思うし・・・

彼は黙っている私に対して

「・・やっぱり・・・」

と元気をなくしているように見えました。

なのに突然私を押し倒してきたんです。
いきなりキスをしてすごい勢いで服を脱がして気付けば私は裸になっていました。

体中舐めまわされておまんこを舐められると気持ち良くてたくさん声が出ていました。おまんこからたくさんのお汁が出てくると
0000399M.jpg


「エミリーお前のおまんこは俺のを求めてるよ。こんなに濡れちゃって。ほら」

そう言って私のお口の中におちんちんを突っ込んできました。

「ほら。コレ欲しくないのか?A子にはないものだ」

おちんちんでお口がいっぱいの私は何も言えませんでした。
そしておちんちんを口から抜くと私の上に彼が乗ってきておちんちんを一気に挿入してきました。

勢いが凄くて一気に入れられたからちょっと痛かったけどおちんちんが出たり入ったりしてるうちにだんだん気持ちよくて

「もっと・・もっと奥まで突いて・・」

ってたくさん言っちゃったんです。そしたら彼は

「エミリーは俺のだろ。俺のちんちん気持ちいいだろ」

「あぁっ・・すっごい気持ちいい・・もっと・・」

何か凄く濃厚なエッチでした。

彼は最後に私の中に精液を出しました。

ちょっと可愛そうな事をしてしまったと思いましたが彼に正直な所を話しました。

本当は彼の事が大好きな事やA子とエッチな事をしてたけどそれは恋愛感情ではなくオナニーみたいなもんだと言ったら何故か納得してもらえました。

これからは彼ともA子ともうまくやっていけそうです


こんなエミリーに何かいいアドバイスをしてくれる人がいたら
メールアイコン
メールください。


今日は何位かな⇒Fc2ランキング
エミリートラックバック(0) | top↑
突然の呼び出し
今日は前から友達として仲の良かったとも君に呼び出されてしまいました

とも君の家に行ってとも君に会うと彼はなぜか怒った様子・・・

「どうしたの?何かあった??」

「・・・」

とも君はムスっとしていてしばらく何も話しませんでした

「14日何してたの?」

「何してたかな??覚えてないよ!それが何!?」

やっとしゃべりだしたと思ったらどうやら彼はバレンタインデーに私がチョコレートをあげなかった事に怒っていたらしいです

私はあきれてしまいました。

そんな表情の私を見て更に彼は怒ってしまったみたい・・・

「俺くーみんの事好きなんだよくーみんも俺の事好きなんじゃないの?」

と大きな声で言ってきました。。

私は別に好きとかそういう感情はありませんでした。でも彼は何か勘違いしていたのか・・・私が勘違いさせてしまったのか・・

とにかく彼にそういう感情がない事をはっきりいいました。

「とも君の事は友達としてすっごく好きだけどそれは恋愛感情ではないよ」

そう言うと彼はまた黙ってしまいました。

「とも君?ごめんね・・」

突然彼が私の事を睨んで私の事を押し倒してきました。

「きゃっ・・とも君・・やめてよ・・・」

「俺やっぱくーみんの事好きなんだよ」

そう言って私の上に乗ってキスをしてきました。片手は私の手を押さえ付けてもう片方の手は私の胸を服の上から鷲掴み

ブラウスのボタンを上から外されて胸が丸見えに・・・

「とも君本当にやめて・・そんな事しないで・・」

言っても彼はやめてくれませんでした。

ブラを少しずらして乳首を舐め始めました。私はだんだん気持ちよくなってきてエッチな声が漏れてきてしまいました。

「ん・・いや・・っあぁ・・」

「あれ?くーみん感じてきちゃったの?いやじゃないの?」

意地悪な事をたくさん言われました。そしてスカートの中に手を入れるとパンティを脱がされました。
手がおまんこの周りを触るのか触らないのか微妙なぐらいの感じで触れてきました。

「あぁっ・・もうじらさないで・・おまんこ触って・・」

ついついそう言ってしまいました。彼がやっとおまんこを触るとぬるっっと指が滑ってしまいました。

「くーみんすっごい濡れてるよ。おまんこ触って欲しかったんだね」

今度はおまんこヌルヌルクリトリスを触ってきました。

「あぁっ・・すっごい感じる・・気持ちいい・・」

嫌がってたはずなのに私はもう気持ちよくて自分から足を開いておねだりしていました。

「こんなに濡らしちゃって。おまんこどうして欲しい?」

おまんこおちんちん入れて欲しい・・」

そう言うと彼は自分でズボンを下ろすと勃起したおちんちんを挿入しました。

「あぁっ・・とも君のおちんちんおっきい・・奥まで入ってる・・」

「くーみんの中もすっごいエッチだよ。グチョグチョなのわかる?」

そんな事を言われながら彼におまんこを突かれて奥まで来るたびいやらしい声がたくさん出てしまいました。

彼の腰の動きも早くなっておまんこヒクヒクしてきました。

「あぁっ・・ダメ・・おまんこイっちゃうよ・・あっ・・イク・・」

私はあっさりとイってしまいました。

その後彼も私の中で果てました。恋愛感情のないとも君とのエッチでこんなに感じてしまうとは思いませんでした。

その後お部屋でまったりして帰りました。
彼はとても満足そうでした。


くーみんどんどんエッチになってきちゃってます。
もっとエッチな事したいの。相手してもいいって人は
メールアイコン
メール下さい


続きはこちら⇒Fc2ランキング
く-みんトラックバック(0) | top↑
A子とシャワールームで
A子と岩盤浴に行ってきました

中は個室ではなかったのですが
2人並んで寝ました。
あったかくてすっごく汗かきました
1-1.jpg


さすがにA子も周りに人もいますし、そこでは何もしてきませんでした。

そして時間になりシャワーをしに行きました。

シャワールームは、1人で入る専用のタイプのです。

10個以上並んでます。
シャワーだけしかなくてしきりは、一応壁でされてて
見えないようになってます。

この時、私の中でA子といる時のエッチな気持ちが抑えきれなくなり・・・

「A子、シャンプー貸して」といって
わざとシャワールームに入りました。

面倒だからここで洗おうって言って、頭を洗いました。

A子は、体を洗ってます。

そこで私は、A子の体を洗ってあげることにしました。

背中を洗ってあげて・・・

A子が体を洗い終わるとは、シャワーで体を流します。

その時に、後ろからエミリー乳首立ってるよって言われて

優しく乳首をつまんできて・・

「あんっ・・」って、声出ちゃいました。

シャワーをとめ、 優しくを揉んできました。

後ろから首筋にかけてA子にキスをしました。

もう、乳首をつまんだだけで、感じちゃって

そのまま、後ろから胸を揉んでキスを首筋にしながら
片方の手をおまんこに・・・

クリを触られ思わず小さく声が出ちゃいました。

いつシャワールームに人がくるかもしれないので、
またシャワーをだして声が聞こえないようにしました。

私は、必死に立ちながら、小さな声で喘いでいます。

A子が私を振り向かせて、立ったまま、クンニへ。

私は、その後、1分ぐらいでイっちゃいました

A子に「エミリーのイク時の顔がかわいい」って言われて

恥ずかしくって 顔が真っ赤になっちゃいました。


メールアイコン
エミリーみたいにレズやホモ体験しちゃった人はメールで教えてね

今日のエミリーは何位かな?⇒FC2ランキング
エミリートラックバック(0) | top↑
合コン
くーみんです。

合コンに行ってきました。
今回は高校の時の女友達の紹介で参加しちゃいました。
男性メンツは社会人でまじめ系1人ホスト系2人みたいなかんじ。、
場所は駅から近いお洒落な個室飲み屋でした。
ホスト系は山下智久似の人とひろし似の2人でした。
山下智久似の彼にちょっとトキメキ。

合コンはせんだみつおゲームとかで盛り上がった後、カラオケに行ってきました。くーみんの十八番は浜崎あゆみなので今日も気持ちよーく歌ってました。

カラオケも半ばでみんなほろ酔いなところ
ふと前をみると
まじめ系の彼と友達はいい~雰囲気に!フトモモを撫でなでされてました。
じーっと見ているとそれに気付いたのか

「くーみんも撫で撫でされたいの?」って隣に座っていたホストっぽいひろし似の男から声をかけられちゃいました。

「うんっ」って答えると

こそっと
「ちょっと出ない?」って

だから友達を残して二人でこっそりと外へ。
取り合えず周りをぶらぶら歩きながら話してると

「休んでいく?」って…な流れでなんだかホテルへ
そしたらいきなり彼は私の上に乗っかってきて。
私も嫌じゃなかったし、社会人の彼ってなんだかカッコイくみえたから
されるがままに服を脱がされちゃった。
くーみんはよく合コン行くの?って聞かれながらいっぱいキスしてもらって
彼の付けてるブルガリのプールオムにも感じちゃったぁ。
とろとろのキスでもう私は濡れ濡れ。
キスしながらおっぱいを揉まれてもう片方はクリトリスをいじられました。
声出したくなくても声が出ちゃうほど気持ちよくて。
ずっと感じてました。

するとフトモモあたりに何か硬いものが!
彼のカチカチになったおちんちんがあたってて。
私は手でごしごし。
それからお口でちょろちょろ、裏スジをレロレロしてあげました。
そしたら彼から

「入れていいよっ」って

言ったので
私から上に乗って生でおまんこに入れちゃいました。
騎乗位って自分で気持ちい位置を調節できるからいいよね。
入ったら腰をゆっくり上下に動かしながら…彼にあつーいキスをしてもらいました。

それからゴムはめて、今度は私が下で正常位で突かれちゃいました。
奥にあたる度に

「ああっ…あっ…あっ」って声が出ちゃうの。
気持ちイイの。

彼の動きがどんどん早くなって、ベットがギシギシ…もう…
おまんこはとろとろでおちんちんとおまんこが擦れる厭らしい音が響いてました。
おっぱいを上から揉み揉みされながら乳首をつねられて

上から下から責められたらおまんこがじんじん熱くなって
イッちゃった。

彼はまだイかないからイッた後も激しく突かれて
イッたあとも突かれて頭はもう真っ白です。
彼も

「っウ…」って

声を出してイッてくれました。
シーツにも大きい染みをつけちゃった。

また彼とエッチしたいです。
エッチ気持ちいのでまたしたいです。気持ちいことしたいなぁ。

で一緒に気持ちいことしてくれる彼、探してます。
続きはコチラ⇒FC2ランキング

くーみんを応援してね。みんなのために記事書きます⇒FC2ランキング
く-みんトラックバック(0) | top↑
居酒屋のトイレで・・・
今日は友達と飲みに行ったんです

しかも女3人男3人で行ったので結構盛り上がってました

友達に頼んでこのメンツを集めてもらったんですがその中の一人は前から気になっていた超イケメン君なんです。

もちろんその人の隣に座って楽しく飲んだり食べたりしていました。

みんなだんだん酔っ払ってきて訳のわからない事を言い出していました。私は彼の隣に座ったものだから気が張っちゃってあまり酔わなかったみたいです。。

そして彼が耳打ちしてきました。

「みんなすごい酔っちゃったみたいだね。くーみんは大丈夫なの?」

「私緊張して酔えないみたい」

「・・・?どういう事」

「前から気になってたの・・」

言ってしまいました。

そしたらなぜか沢山飲まされたのです。

二人だけ別の席みたいな状態になって彼に言われるがままお酒を飲みました。

「もう・・飲めない」

本当に沢山飲んでしまいました。かなり酔っ払った状態になった私にまた彼は耳打ちしてきたんです。

「よく飲んだね」

「だって・・飲めって言ったじゃん」

「じゃあご褒美あげるね」

そう言うと彼は酔っ払った私の手を引いて席を立ちました。

連れてこられたのは男性用トイレ

中に人がいない事を確認すると私の手を引っ張って個室に入りました。

そしいきなりディープキスをしてきました。

気に入ってた彼にキスをされちゃった私は酔いも後押ししておまんこが熱くなってしまいました。

「実は俺も気になってたんだ。前からこうしてみたかった」

そう言って私のスカートに手を入れるとすぐにパンティを下ろしました。

首を舐めたりされてもうおまんこは濡れていました。
彼がおまんこに触ると

「うわぁ、もうグチョグチョだね。くーみんのおまんこはエッチなんだね」

そう言っておまんこをかき回してきて私はいっぱい感じてしまいました。

でも声は出さないように我慢しました。

時々人が入ってきて用を足しているのがわかりました。

ただ壁越しに人がいると言うのが分かると興奮しちゃって声が漏れちゃいそうになりました。

あまりにも気持ちよくて私はおちんちんにしゃぶりつきました。

おちんちんの先からは我慢汁が出ていました。

裏筋を念入りに舐めていると気持ち良さそうにおちんちんを時々ビクビクさせながら感じていました。

「もうくーみんの中に入りたいよ」

耳元で言うと私を後ろ向きにさせて立ちバックおちんちんを入れてきました。

「あぁ・・太いの入ってきた・・・」

人の気配がない時は小さい声で喘いで扉の開く音がしたら声を押し殺していました。

「もっと・・もっとおまんこ突いて・・」

「くーみんの中すっごい気持ちいいよ」

私はすぐにイってしまいました。彼も私がイクのを見たらすぐにイってしまいました。

「あぁ・・もうイクよ。出すよ。中に出すよ。」

そう言っておまんこの中でおちんちんが脈を打っていました。

二人でトイレを出て元の席に戻るとまだ盛り上がっていたみたいで

「何二人でいなくなっちゃってんの~?」

なんて色々言われてしまいました。

でもすっごく興奮するエッチでした。またしたいな




メールアイコン
くーみんとエッチしてみたい人はメール頂戴
く-みんトラックバック(0) | top↑
私の家で
昨日、私の家にA子が遊びに来ました。

「この前の映画楽しかったね」などと
最初はしゃべっていたんですけど

やはりだんだんエッチな雰囲気に・・・

2人でベットへ座りA子からイチャイチャし始めて

A子が「足広げて見せてよ」って。

そのまま足を広げられてM字開脚に・・・

「超キレイだね」とか、言われて、それだけで感じてきちゃって


A子に触られてクチュクチュって音が・・

おまんこに指を入れられ、もう我慢できなくなって・・

「A子のおまんこも見せて」って言っちゃいました。

普通にM字になるのかと思ったら立ってパンツを脱いで四つん這いに。

まだスカートで隠れてる状態で「いいよ」って言われました。

スカートをめくってA子のおまんこをみたら

手が勝手に触り始めてました。

A子はすごく感じてて
「あんっ、あうぅ・・いいっ・・・」って言って、気持ち良さそうに喘いでました。

それから私のおまんことA子のおまんこをくっつけて

クチュクチュっていやらしい音が鳴り響く中

2人でイっちゃいました
1168021812391.jpg


メールアイコン
私とA子をもっと知りたい人はメール下さいねぇ。


私たちを応援してねん⇒FC2ランキング

エミリートラックバック(0) | top↑
痴漢された人とまた会っちゃいました
この前痴漢された人の名刺に書いてあった連絡先に電話をしたら
また会うことになっちゃいました

電話ではお互いに
「エッチするならまたスリルがあるところでやりたいね」

って意見になったので、今回はまんが喫茶に行くことに決まりました。

カップルシートに入りまずはAVを見ることになりました。
最近、まんが喫茶AVが見れるところ多くなりましたよね

ヘッドフォンでAVのエッチな声を聞いてるから耳にじかに聞こえてきて余計に興奮しちゃっておまんこはすでにとろとろになっちゃってました。

そして時々彼がおっぱいからいじってくるようになって・・・
31821.jpg



でも声が出せないから必死でこらえて・・
いっぱいおまんこ濡れちゃいました。

スカートめくってパンティ見られて・・
137623-7335224-0-24217513-pc.jpg

パンティめくられ一気に指を入れられました。
指を二本入れてクリトリスを舌で舐めまわされ、さらにクリトリスを甘かみしながらも、彼の指はゆっくりGスポットを刺激していました。

それがだんだん激しくなり、気付いたら声出ちゃってました。
ぜったい両隣りに部屋にきこえてたし

そしておまんこをずっといじられ5分後に

「イっちゃう・・・」って声出ちゃってイっちゃいました


その日はそれで終わりましたが、彼とは今度また会うことになりそうです。

メールアイコン
くーみんとセフレになってもいいよって人はココにメール下さいな


私たちを応援してね⇒FC2ランキング

く-みんトラックバック(0) | top↑
A子と映画へ行きました
前から約束してたんですけどA子と二人だけで映画を見に行くことになりました。

「どろろ」って言う映画です。

歩からおすすめしてもらったんですけどね。
柴崎コウさんがかっこよかったです。

午前中に映画を見たので帰りにマックでお昼を食べました。
A子とは3Pの時ぶりだったので二人きりでお昼だなんて
気まずくなるのかなぁと思ったらそうでもなかったから安心。


むしろA子から

「この前のエッチ、気持ちよかった」って

本当は私の彼氏と私とA子の3Pだったので微妙な心境だったんですけど
体は正直で…。

でもA子が気持ちいって言ってくれたらからなんだか私もうれしくなっちゃった。
それを気付いたのかA子は

「どこか静かな場所で話さない?」って

つまりはホテルなのかなぁ。とA子についてゆくと
やっぱりホテルでした。
28701.jpg


彼氏と行くホテルとは違うちょっとラブリーなホテルです。
ホテルに着いてしばらくバイトのこととか学校のこととか話して
るとA子がガバッと抱きついてきて

抵抗する暇もなくキスされちゃいました。
キスはだんだん乳首へ
すると案の定おまんこはとろとろです。

もうダメ~って思うまで舐めてきました。

するとA子はカバンからゴソゴソと何かを取り出したのです。
見ると、ピンク色のバイブ。A子はバイブで私のおまんこを撫でた後、
バイブのスイッチを入れて私の中にいれてきたんです。
気持ちよくて気持ちよくて
しばらく悶えてもう
バイブ


「あああ”…もういきそうだよぉ」って瞬間

A子はバイブを取り出しておねだりしてきました。
私は途中で止められたムラムラな感覚にたまらなくなって早く続きをしてイきたくて
仕方ありませんでした。だから
A子のおまんこにも夢中でバイブをあてて…

ウィィィーン という音と

「あっあっ…んんあああ」

というA子の声が響く中、自分でおまんこに指を入れながら
A子と果ててしまいました。
そしたらA子は自分が私にバイブを入れてイかせてあげたかったらしく
少し不満そうな顔してました。

メールアイコン
続きは恥ずかしいのでメール下さいねぇ。
私も女の子同士で…って方もお話聞かせてください~


今日の4人は何位かなぁ⇒FC2ランキング

エミリートラックバック(0) | top↑
痴漢さん
今日は電車の中で痴漢にあってしまいました・・・

最初お尻のあたりに何かが当たるような感覚があって

もしかして・・・

tikan.jpg


と思ったんですがだんだんそれは確実な感じになってきました

満員電車だったのでどこからその手が来ているのかが分かりませんでした

もぞもぞしてたのがスカートの中に手が入ってきました。
はじめのうちは嫌な気持ちでいっぱいだったのにその手の動きがいやらしくて不覚にも感じてきてしまいました。

そしてその手がパンティの横から手を入れてきておまんこの割れ目を触りだしたのですが立っている状態なので割れ目が邪魔しておまんこを触ってもらえませんでした。

うずうずしてきちゃったからおまんこに触れてもらいたくて私は足を開きました。すると

ぬるっ・・・

おまんこに触れられた瞬間すっごい濡れている事がわかりました。
そのヌルヌルをのばしてクリトリスをいじり始めました。

私は立ってられないほど気持ちよくて感じてしまいました。
一生懸命その手をたどると見えないけど身体がどこにあるかわかったんです。

そしてその人のおちんちんに触れてみました。その人のおちんちんはかたくなり勃起していました。

私は次の駅で降りました。その人が付いてきたらいいのになぁと思いながら歩いていましたが後ろをチラッと見るとちゃんと付いてきていました。

そしてトイレの前で立ち止まりました。するとその人が話しかけてきました。

「すっごい濡れてたね。興奮しちゃったのかな?」

「今でも興奮してます。」

と言うと二人でこっそり車椅子用のトイレに入りました。

20070207105004.jpg


彼のズボンを下げておちんちんにしゃぶりつきました。
興奮する要素がいっぱいだったのですっごい激しかったと思います。

彼もきっと興奮しててすぐにイきそうだったのか私の口からおちんちんを抜くと今度は私の片足をトイレの便座に置かせておまんこをぱっくりと開いた状態にされました。

そしておまんこを舐められて気持ちよくなっていました。私の身体はいつも以上に反応して太ももにおまんこのお汁がたれてくるのが分かりました。

「こんなにグチョグチョになっちゃって。エッチな子だね。どうして欲しいの?」

おまんこおちんちん入れて欲しい・・・」

そう言うと立ちバックおちんちんを挿入してきました。

私は頑張って声をあまりださないようにしていましたがかなり辛かったです。

「あぁっ・・すっごい・・」

出来るだけ小声で言ってました。

私は彼に思いっきりお尻を突き出していました。

20070207105220.jpg


彼も沢山後ろから突いてくれておまんこはヒクヒクしていました。


「あぁ・・やっぱり若い子のおまんこはしまりがいいね」

とか言いながらズポズポ出し入れしてくるからまともに立ってられなかったです。

「あぁ、だめだ。もうイクよ。出すよ。」

といっておまんこの中に精子を出されました。


その後名刺をもらって

「気が向いたらそこに電話してください」

って言われて別れました。

痴漢とエッチしちゃうなんてすっごいですよね。でも本当に興奮して気持ちよかったなぁ

くーみんとエッチな事してみたい人は
ココにメールくださいね
く-みんトラックバック(0) | top↑
3P?
前にA子と彼氏との3P(?)以来今日はまた3人で遊びに行く事になりました

最初は普通に食事をして映画館へ行きゲームセンターへ行って楽しんでしました。

その後カラオケに行ってちょっとまた流れがおかしくなりました。

20070206111401.jpg


A子が私の太ももに手を置いてすりすりし始めました。

「エミリーの手はこっちでしょ」

と言ってA子は彼氏のおちんちんの上に私の手を置きました。

しょうがなく私は彼のおちんちんをズボンの上からさすっていました。
A子はスカートの中に手を入れてきてパンティの上からクリトリスをなぞったりしてきました。

私「こんなトコじゃダメだよ。誰かに見られちゃう・・・」

A子「じゃあホテル行かない?」

私「3人で入れるかな?」

彼「大丈夫じゃない?仮に3人で入るのがダメでもうまく入ればわかんないじゃん」

と彼が言うのでホテルへ行く事は決定してしまいました。。

部屋に入ると何故か3人でお風呂に入りました。

そしてお風呂から出たらすぐに始まってしまいました…

A子と彼に体中嘗め回されました。そしてA子が私のおまんこを舐め始めると彼は私の口におちんちんを入れてきました。気持ちよくてすっごいしゃぶりついてしまいました。よく見るとA子はおちんちんをしゃぶってる私を見て興奮したのか私のおまんこを舐めながら自分のおまんこをいじっていました。

それに彼も気付いたのか

「A子ちゃん、そのままおまんここっちに向けてごらん」

と言いました。そしてA子は体勢を変えました。
彼がA子のおまんこに指を入れて激しく動かしだしました。

A子は私のおまんこを舐めながら気持良さそうにしていました。

しばらくすると彼が私のおまんこおちんちんを挿入しました。

「あぁっ・・気持ちいい・・」

彼が腰を振るたびに私のおまんこは気持ちよくてたくさん濡れてしまいました。

彼はA子のおまんこに指を入れてかきまわしていました。

部屋の中は私をA子の喘ぎ声でいっぱいでした。

私「A子ちゃんもおちんちん入れたい?」

A子「・・・うん・・でも・・」

私「いいよ。」

A子にも入れてあげてと彼に言うと私からおちんちんをゆっくり抜いてA子のおまんこに挿入しました。

そして私は彼の指で気持ちよくなっていました。
私の目の前で彼氏が他の女の子におちんちんを入れてるトコを見るなんてやっぱり普通ではないこの状況に今回も興奮してしまいました。

この興奮に慣れてしまうと普通のエッチが出来なくなっちゃいそうです・・・

どんどんエッチになっていくエミリーにメールください
エミリートラックバック(0) | top↑
早漏だった彼?
昨日、合コンで知り合った人とエッチしちゃいました。

合コンも終わってその後、彼に誘われたので1時間くらい飲んでから
部屋に誘われて
「どうしようかな~」って、言いながら行っちゃいました。

ちょっと話しながら彼にゆっくり抱き締められたら

おっぱいを掴みながら耳元にキスされちゃいました。


「泊まっていい?」と聞いたら

「いいよ」
って言われてまたキス

ベットでシャツを捲くられおっぱいを舐められ・・・
3304.jpg


しばらくしたらスカートをまくられ撫で回されたら

おまんこ濡れてきちゃって、クンニでタップリ愛撫してくれました。

「あんっ、ああう・・」って、

体がピクンって反応して・・・

いざ挿入

「くみの中少しザラっとしてて、グイグイと時々締め付けて来て気持ちいよ」

って、言われてすっごく喜んでた。笑

くみのおまんこの中って、そんなに気持ちいいのかな??

時々イキそうになってるのか、動きを止めたたりしてた。笑

「気持ちイイから抜かないで!」ってちょと意地悪まじりに言ったら

すごく頑張ってくれて

イクときは一緒にイっちゃいました
32983.jpg

こんなエッチなくーみんにメール頂戴

メールはココ
く-みんトラックバック(0) | top↑
同窓会で・・・
今日は男友達だと思ってたK君と親密な関係になってしまいました

彼とは中学校の時同じクラスでした

あの頃はくだらない事言って笑ったりとかちょっとした事で喧嘩したりとかしてましたまだお互い子供ですもんね・・・

それからもう何年も連絡すら取っていませんでした。今何をしているのかも分からなかったけど何週間か前に同窓会があって久しぶりに彼に会うことが出来ました

何よりもビックリしたのがあの小さくっておさるさんみたいだった彼が背も伸びてものすごくかっこよくなっていたのです

とても私の好みの人に変わってしまって別人のようでした。

始めはぎこちなく話していましたが徐々に昔のように笑って話が出来るようになりました

だんだんお酒もまわってきてみんなもテンションが上がっているようでした。そして突然彼が私に耳打ちしました。

20070203120046.jpg


「今から二人で抜けない?」

え?とは思ったもののちょっと嬉しくて

「うん」

と言ってこっそり抜けてしまいました

「これからどうしよっかぁ?」

「やる事もないしカラオケでもいく?」

結局カラオケに行くことになりました。

カラオケの中でもお酒を飲んでかなり酔っ払い状態になってしまいました…

「お酒弱いのかぁ?」

「そんな事ないよ!だって結構飲んだじゃん。。」

「エミリー。お前かわいくなったな」

「え?何言ってんの!?」

そう言うといきなりキスをされました。
酔っているせいか一瞬で体全身がとろけるような感覚に襲われました。

舌を絡めてこられ片手はを優しく触っていました。

「あぁっ・・こんなトコでなにするのぉ・・」

「じゃあどこならいいんだよ。そんな事言っても感じてるじゃん」

と言いながら胸は思いっきり出てる状態まで脱がされました。

「誰かに見られちゃうよ」

「じゃあ誰にも見られない場所に行く?」

と言われてうなずいてしまいました。

結局カラオケを出て近くのラブホテルに入りました。二人とも酔ってるから部屋に入るなりベッドに倒れてしまいました。

「お前本当に変わったな。誰かわからなかったよ」

「Kだってそうだよ。でも本気でかっこよくなっちゃったね・・・」

そういうと彼は私の上に乗りまたキスをしながら胸を揉んだりして徐々に服を脱がされ気が付くと裸になっていました。

私の体を嘗め回している彼を見るとものすごく興奮してきました。
彼が私のクリトリスを舐め始めるともう我慢出来ずに喘ぎまくりました。

「あぁっ・・Kの舌すっごい・・気持ちいい・・」

もうおまんこはシーツを汚してしまいそうな程濡れていました。

「んん・・Kのおちんちんも舐めさせて・・・」

そう言って今度は私が気持ちよくしてあげる番。

根元から先っぽまでゆっくりと舐めてあげました。
彼が感じてきたので今度はバキュームフェラ。だんだん彼のおちんちんがビクビクしてきました。

「エミリーの中に入れてもいい?」

「いいよ。入って。」

彼は私を押し倒して正常位でおちんちんを入れてきました。

「あぁっ・・Kのおちんちんおっきい・・・すっごい・・」

彼の腰の動きが早くなってくるともう気持ちよくておまんこはグチョグチョでした。

「あぁっ・・そこ・・気持ちいい・・もっと・・」

酔っていて恥ずかしさもなくいろんな事を言ってしまいました。。

「もうだめだ・・イクよ・・出すよ・・」

そう言うと彼はお腹の上に精子を出しました。
久しぶりに会った彼は男らしくなり魅力的でした。
セックスもとても上手でした。

27918.jpg


連絡先を交換してまた遊ぼうね!なんて言って帰りました。

こんなエッチなくーみんにメール頂戴

メールはココ
く-みんトラックバック(0) | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。