FC2ブログ
06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
こんな事初めて
すっごい事をしてしまいました・・・

あのA子覚えていますか??

A子が今から会おうよと言う電話をかけてきました

でもA子と会ってもする事はだいたい分かっているしその日は丁度彼氏と会う約束をしていました。

「今日は彼の家に行く約束してるからダメなの。」

「じゃあ少しだけ私も行っちゃダメかな?すぐに帰るから・・・」

そう言うので彼氏に一言聞いてみると連れておいでというのでA子と一緒に彼の家へ行きました。

08c33119.jpg


A子の事を彼氏には話していません。ちょこっとだけ不安でいました。

しばらく飲み物を飲みながら雑談が始まりました。

A子の手が私の太ももをさすっていました。しばらくするとエスカレートしてパンティの上からおまんこの割れ目をなぞったりしてきました。

彼氏の目の前で・・やめて・・・

と思いましたが彼氏がとなりにいる為何も言えませんでした。

そしてA子がトイレに行きました。するといきなり彼が私にキスしてきました。A子がいない間は彼とイチャイチャできる時間・・・
そう思ってディープキスをしたりしていましたがなぜかA子は全然トイレから戻ってこなくって彼はイチャイチャしていたらちょっと我慢が出来なくなってきたみたい・・・

私の胸をさわったりはしていたのですがブラのホックをはずし微妙に服を脱がしておっぱいを出しました。すると乳首を舌で転がし初めて…

彼の手がパンティの上からおまんこを触りました。

「あれ?すっごい濡れてるよ。A子ちゃんがいると思って興奮しちゃったのかな」

なんて言うんです。多分A子にいじられて濡れて更に彼とイチィチャしてたからまたさらに濡れてしまったんだと思います。

彼はクリトリスを指でなぞり始めました。声を出さないように頑張って押し殺していました。おまんこに指を出し入れしたり・・・もう限界って思ったら彼はおちんちんを出して

「ちょっと口でして」

と言いました。A子が戻ってくる時はトイレを流す音もするし問題ないだろうと思いおちんちんを舐めてあげました。

彼が気持ちよくなるように根元から先っぽまで丁寧に舐めてあげていたんです。

しばらく舐めてあげてたら突然・・

「エミリーおちんちんおいしい?」

とA子の声がしたんです。。

振り向くとA子が立っていました。どうして?トイレの音もドアの音もしなかった

そう思って彼も私もふくを正そうとすると

「いいの。続けて。もっとエミリーちゃんがおちんちん咥えてる所が見たいの。」

かなり動揺していましたがもう一度見られたなら一緒だと思ってまたお口で始めたんです。

しばらく見ていたらA子はおちんちんを咥えている私のおまんこを後ろから触り始めました。

クリトリスを触ったり指をおまんこに入れたりしていましたが最後には私のおまんこを舐め始めました。

「んっ・・んん・・・」

おちんちんがお口の中でいっぱいだったから私は小さく声がもれていました。それよりもそのいつもとは明らかに違う異様な光景に彼はもっともっと興奮していたようです。

私よりもたくさん声を出していたしおちんちんがもうビクビクしっぱなしでした。

「エミリーもう出ちゃうよ・・・」

彼がそう言うとA子が

「まだイっちゃだめ。エミリーに入れてるところも見たいの」

そう言うと彼は私の上に乗るとおちんちんを挿入し始めました。

「あぁっ・・気持いい・・・もっと奥まで来て・・・」

A子がいる事もどうでも良くなってきてしまいました。

しばらく私は気付かなかったのですがA子はセックスをしている私と彼を見てオナニーをしていました。

彼はまたそれを見て興奮していました。

「A子・・私の顔の上に座って・・舐めてあげるから・・」

と私が言うとA子は私の顔の上に来ました。たくさん舐めてあげるとA子も気持良さそうに喘いでいました。

本当に異様な光景でした。こんな流れになるとは思いもしなかったけどだいぶ興奮してしまいました。。


こんなエミリーの事もっと知りたい人は

ここにメール

してね
エミリートラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://4shimainoseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/43-d7d18829
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。