FC2ブログ
06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
デートがしたいの
今日は久しぶりにとも君と会いました。

とも君とは待ち合わせをして会ったんだけど何かソワソワして落ち着かない感じでした。

今日はちょっと普通にデートしたかったのにとも君がすぐ

「にラブホはいろう」

って言うから

「少し遊んでからにしようよ」

って言ったのに

「じゃぁ何するの?」

「カラオケなら部屋についてるじゃん」

とか言うの

結局そんな事言われて遊ぶ気がなくなったからホテルに直行しました。
何か今日はいろんな意味でテンション下がったからホテル行ってもなぁ~って気持ちになっちゃいました。

でも久しぶりにエッチもしたかったし何となくな感じで付いていきました。

ホテルに着いてからお部屋でまったりしてました。
何か動く気がしなくてボ~っとしてたらとも君が動き出しました。

お風呂にお湯を入れて戻ってきました。

「何かくーみん怒ってる??」

と聞かれました。

「怒ってはいないけどデートしたかったんだもん」

って言ったらちょっと困った顔をしていました。

「ごめんね。少しでも早くくーみんとくっついたりしたかったんだよ。じゃぁホテル出てからブラブラしようよ。」

って言ったのでとりあえず機嫌を直しました。

一緒にお風呂に入ると久しぶりなせいかいつも以上にイチャイチャしていました。

彼の手がいやらしく私の胸を触り出しました。
乳首を指でコロコロ触られると体がエッチモードになってしまいました。

それにとも君が気付くと

「くーみん気持ちよくなってきちゃったの?」

って言ったりして余計にエッチな気分に・・・

私は自然にとも君のおちんちんを握っていました。

とも君のパンパンになったおちんちんを手で感じながらしごいていました。

「お風呂の中なのにヌルヌルだよ。いっぱい我慢してたんだね」

もう今すぐにでも入れて欲しくなってしまいました。

「とも君・・おちんちん欲しい・・」

「もう欲しくなっちゃったの?じゃぁちょっとだけね」

と言って浴槽の中でおちんちんを挿入してきました。

お湯のせいですんなりとは入らずにちょっとキリキリとした感じで少しづつ入ってきました。

「ともくん・・全部入ったよ・・あぁっ・・」

お湯の中でとも君が腰を動かすと浴槽のお湯がチャプチャプと波を打つように揺れていました。

「あぁ・・とも君・・おちんちん・・気持ちいいよ・・」

「やっぱりくーみんのおまんこは気持ちいいよ」

腰の動きがどんどん早くなってきました。

・・・と思ったらおちんちんおまんこから抜いてしまったんです

「ここまでね。続きはベッドでしよう」

「えぇ~。もっとしたいよ。」

「お楽しみにとっておくの」

って言うからしょうがなく体を洗いっこしてお風呂を出ました。
お風呂を出てから二人でベッドに並んで座り、とも君がエッチなテレビをつけました。

「くーみんもあんな事されたいんでしょ」

「・・・うん・・」

そう言うととも君がキスをしてきました。



・・・次回に続く。





ワンクリックで応援してね  
  ↓   ↓
押して下さい♪

GER12060



くーみんにメールください
メールアイコン
待ってます




く-みんトラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://4shimainoseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/68-4bef4a5c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。