FC2ブログ
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
公園のボートにて…
今日はホワイトデー


なのに、私の彼氏は今日は予定があるとかで会えないらしい…

これじゃあ、来月の私の誕生日も微妙だな…

今日は一日予定を空けておいたのに予定なし。

何か悲しくなっちゃったのでA子に連絡して、カフェで待ち合わせをして一緒に遊ぶ事にしました。

A子がカフェに着くと私の急な連絡にビックリしたみたいで、

「エミリー、何かあったの?」

って心配そうに聞いてきたので、私は事情を話すと

「男って、そういうところに気がつかないよね!?」

って、何故かA子が怒ってた。笑

A子と話をしていたら私の沈んだ気持ちもいつの間にかどこかにいっちゃって、気が付いたら一緒にゲラゲラ笑ってました。

しばらくカフェでくつろいでいて、この後どうしよっかって話をしてたら

公園で散歩しようよっ!」

ってA子に言われたので、コーヒーとビスケットをテイクアウトして公園に行きました。

まだ風は冷たいけど、今日は散歩日和のいい天気。

平日の公園は空いてて、子供連れのお母さんか老夫婦しかいませんでした。

「ねえねえ、ボートに乗らない?」

ってA子に手を引っ張られて、そのまま手漕ぎボートに乗っちゃいました。

A子がオールで漕いで、私が向かいに座ってボートでくつろいでいました。

池の真ん中ら辺に来るとA子が寄ってきて、私のおまんこパンツの上から触ってきました。

「ちょっと、ココはマズくない?」

私はビックリしてA子を止めようとしましたが、A子は意地悪そうに

「エミリーのおまんこ濡れてるじゃん!誰も見てないから、私のも触って!」

って言いながらパンツの中に手を入れてきて、私のクリトリスを弄り始めました。

私も気持ちよくなっちゃって、A子に言われるがまま私もA子のおまんこを触りました。

A子のおまんこはすぐにトロトロになって、クチュクチュといやらしい音をたてていました。

私も昼間の公園なので、誰かに見られてしまうって思うと変に興奮しちゃいました。

「エミリー、凄い濡れてきたよ!」

A子は顔を少し赤くしながらそう言うと、私のおまんこに指を入れてきて、感じる部分を集中的に弄り始めました。

「そんなに激しくしたら…ダメだって…」

私は声を殺しながらA子に言いましたが、A子は手を止める気配はありません…

私もA子のおまんこの中に指を入れて、Gスポットを突いて刺激しました。

「ぁんっ…エミリー…」

A子は甘い声を漏らして、腰を引きました。

A子の手は早さを増したので、私は快感の絶頂に達しそうになりました。

「ダメッ…A子、イッちゃう…あぁっ…」

「エミリー、イって!」

私は昼間のボートの上でイってしまいました。

そんな私の姿を見て、A子はニヤニヤとニヤけていました。

そんな平日の穏やかな午後でした。




今日のエミリーは何位かな?⇒FC2ランキング



エッチなエミリーにメールください
エミリートラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://4shimainoseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/73-cabe9147
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。