FC2ブログ
06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
続きです
だいぶ時間が経ってしまいましたが続きを書きたいと思います・・・


翔太は私のおまんこを触り指をおまんこの中に入れてきました。
中をかき回してGスポットを刺激してきました。

「・・ぁあぁぁっ・・・そこ・・・気持ちいい・・」

おまんこからどんどんエッチな汁が溢れ出てきました。

「くーみんおまんこグチョグチョだよ。気持ちいいんだね。」

「・・うん・・おまんこ・・・気持ちいい・・あぁっ・・翔太のおちんちん舐めたいな・・」

すると翔太は勃起したおちんちんを出すと私の顔の前に出してきました。

「いいよ。舐めて。俺のおちんちんも気持ちよくして」

私はおちんちんにしゃぶりつきました。
パンパンになったおちんちんカリの部分が唇に当たり私はそれで興奮してしまいました。

翔太は少しだけ息遣いが荒くなりおちんちんも時々ビクンっとしていました。

おちんちん気持ちいい?もっと気持ちよくなってね・・」

翔太の感じている顔を見てるとおまんこがうずいてしまいました。

「翔太のおっきくなったおちんちん入れて欲しいな」

そう言うと翔太は私を押し倒しました。

「くーみんいれるよ。」

おちんちんの先を入れてまた出してと繰り返し焦らされました。

「あぁ・・やだ・・おちんちん奥までいれて・・」

そう言うと一気におちんちんをおまんこの奥まで挿入してきました。

「くーみん・・すっごい濡れてるね。おちんちんすんなり入っちゃったよ・・」

おちんちんの根元まで入ると翔太の腰の動きが急に早くなりました。

「あぁっ・・ぁっん・・すっごい・・翔太・・おちんちん気持ちいいよ・・・もっと・・・もっと突いて・・・」

おまんこをたくさん突かれておかしくなりそうでした。

「くーみんのおまんこしまってきたよ・・あぁ出る・・イクよ・・」

彼はおまんこの中に精子を出してしまいました。
おまんこの中でおちんちんが脈を打ちビクビクしていました。

「くーみん。ごめん中に出しちゃった」

「いいよ。私も気持ちよかったし」

ティッシュでおまんこを拭きとると大量の精子が出てたみたいでティッシュを何枚もたくさん使ってしまいました。

「翔太いっぱい出したね 笑」

彼はちょっと照れていました。

今度は私の家に来るという約束をして帰りました。

ちなみに報告ですがもう、とも君から連絡来なくなりました
ちょっと悪い事をしちゃったな・・・


エッチな女の子いっぱい♪

他のエッチな女の子もいるよ★

__
く-みんトラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://4shimainoseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/87-c4a3b97f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。